トイプードルを飼う。

トイプードルの飼い方から基礎知識。おすすめ情報を掲載。

【商品レビュー】チルド型ドッグフード『ブッチ』をトイプーが実食!

ブッチ

久しぶりの投稿です。

 

今まで評価の高いドッグフードをいくつか与えてきましたが、それらは全てドライフードでした。

《今まであげてきたドッグフード》

・アカナ

・モグワン

・カナガン

しかし、偏食気味の我が家の愛犬はドライフードをあまり食べないんです。

 

そこで今回、以前より気になっていたチルド型ドッグフード『ブッチ』を与えてみたので、レビューします。

 

 

チルド型ドッグフード「ブッチ」

 

『ブッチ』は、ニュージーランド産の原材料を使用したグルテンフリー、且つヒューマングレードの食肉のみを使用した無添加プレミアムドッグフードです。

見た目はチョ〜旨そうです! 

ブッチ断面図

↑ブッチの断面図
人が食べれそうな、ハムのようです。 

所々野菜の原形も残っていて新鮮そうです。

水分量が豊富で水々しく、ソーセージのような弾力性があります。

 

お得なトライアルセット

ブッチトライアルセット

公式サイト(株式会社ブッチジャパンインク )を見ると各800gの3種類トライアルセット3,000円を見つけました。

初めてなので少量ずつお試し出来る、こちらを購入。

通常800g1本で1,400円位なので、ほぼ1本分お得なセットになっています。

しかも送料無料で、開封後の保存に使えるキャップも特典として付いてくるという、初回だけの超お得セットです。

ブッチは3種類あるので、愛犬の好みを確認するのにも調度良いですね。

チルド型ドッグフード『ブッチ』食レポ

ではでは、早速実食してもらいましょう。

うちの子の体重だと、ドライフードなら30gくらいでしたが、ブッチなら1食100g。

初めに開封したのは、ビーフやラムの赤身肉を主体にした「ブラックレーベル」です。

食べやすくカットして盛り付けます。

ブッチ盛り付け

いつもの食器では山盛りになってしまいました。(^_^;)

 

無添加だからなのか、匂いはきつくないです。

ブッチ実食

少し匂いを嗅いでから、すぐに食べ始めました。

山盛りだった為、こぼしまくってます...。

5分くらいで食べ尽くし、こぼしたところもキレイに食べてくれて完食です。


満足そうな表情で、食べ終わった後も舌を出してペロペロと口の周りを舐めてました。

「美味しかった〜」と、思ってそう。(^^)

ブッチのデメリット

ブッチは品質もよく、食い付きも良いのですが、ドライフードと比較したデメリットについてもお伝えしておきます。

 

私が感じたデメリットとしては3点あります。

 

①値段が高い

トイプードルで体重3〜4kgの場合、一日300円くらいのコスパになります。

ドライフードと比較すると高くなるのは間違いないですね。

(モグワン なら一日200円くらい)

 

②冷蔵庫を占領する

ブッチは冷蔵保存の商品になります。

つまり冷蔵庫に保存する事になるわけです。

公式サイトでは6,480円以上で送料無料になるので、なるべくならまとめ買いしたいところ。

そうなると例えば2kgを3本買うとして、冷蔵庫をその分占領する事になります。

 

③開封後、消費期限が10日

トイプードルに1日200g給仕したとして、2kgを消費するのに丁度10日かかります。

ギリギリという事ですね。

ドライフードのトッピングにした場合は、2kgは使い切れません。(800gを選択すればいいかもしれませんが)

 

ただしこれは、切り分けて冷凍保存すれば長期保存も可能です。

 

チルド型ドッグフード『ブッチ』まとめ

結論。偏食の子も食べてくれる可能性あり、品質は申し分なく良いドックフードです。

人間から見ればカリカリ・パサパサのドライフードより断然美味しそうに見えます。本来、犬は肉食なので生肉近い食感のチルド型フードは本当に美味しいのかもしれません。

 

ドックフードに月1万円かけられて、冷蔵庫にも余裕があるならメインのドックフードとしてもおススメします。

愛犬にとって、嬉しいご飯になる事でしょう。

もしくは、品質も栄養素も申し分ないので、トッピングとして使うというのも有りです。

トッピングでもご飯を食べてくれるようであれば、コスパも改善するのでベストかと思います。

 

\今なら3,000円で3種類お試し送料無料!/